TOP

婚約指輪の代わりにペア時計のプレゼント

主人とお付き合いしている時に、主人はお付き合いをして半年後に転職をしました。
自分のやりたい仕事は別にあるんだと強い意志を持っていたので、結婚前提でのお付き合いでしたが
主人の転職の事をただ見守るだけでした。
転職前の給料もそんなに良くなく、職場の人たちと飲みに出かけることも多かったので貯金をしていなく
転職後も給料はあまり良くなかったので結婚資金も、また婚約指輪なんて到底無理だろうなぁと思って
諦めていました。
友達は数人結婚し、きちんと結納をしているのを知っていたので少し羨ましいなぁと思っていたのですが
指輪より結婚後の生活面の方が大事なので、主人には結納の事に関しては
話をしていなかったのですが、私の親に改めて結婚の話をしに来てくれた際に
帰り間際に渡されたのがお揃いの時計でした。
主人曰く、この時計で同じ時を刻んでいこうという気持ちだったようです。
そんなキザな事をいう主人じゃないので少し私も聞いてフッと照れたように笑ってしまったんですが
主人が帰った後にその時計を眺めながら、この時計を選んでくれていた状況等を思うと
少し涙が出たことを思い出します。
小さな頃からの夢?だった婚約指輪は叶いませんでしたが、
代わりに素敵なプレゼントを頂きました。

.

最終更新日:2014-09-09 00:25

コメント (0)